【454日目】Qiitaなんて書いてどうすると思った話

2週間ぶりの投稿になります。あとむです。

ここ2週間は本業と副業で忙しさがMAXになっていました。

特にここ1週間はエゲつなくて家に帰る時間が平均24時で、そこから4、5時間副業をした後3時間だけ寝てまた出社、という期末試験前の大学生みたいな生活をしていました。

このコロナの時代にそんなわけないだろと思う人もいるかもしれませんが、そんなことあるんです。それがSEという職業です。

そんなこんなで何とか本業も副業もひと段落ついてようやく自由な時間が与えられたわけですが、これはこれで何しようか悩むの僕の悪いところ。昔から暇なの苦手なんですよね。

というわけでまあ色々何やるか考えたのですが、世間巷ではQiitaとかブログとかで技術記事書いて自分の評価を高めることがいいとされてるらしいので、とりあえずそれやろうかなと。

そんな感じでPCに向かおうと思ったのですが。。。

ビビるくらいにやる気でない

全然やる気出ませんでした。終了。

よくよく考えたらQiitaめっちゃ書いて何になるんだっていうね。いやそれはちょっとは約立つことはあるんだろうけど。

そもそもの話自己ブランディングに本気出す勢の人嫌いなんですよね。特に最近流行りのSNSコンサルとか。

根本的なところで僕は「自分一人で何かできる・つくれる人」が一番えらいと思ってて、僕もそれになりたいと思ってます。(自分で何かできる人がマーケティングに興味を持たないために正しく周りの人に自分の能力を伝えることができないのはとてもよくないことなので、そういう人はちょっとマーケティングとか勉強すればいいんじゃない?とは思いますが、)

というわけであんまり自分の評価を高めるようなことに精を出すのはやめようかなと思いました。

このブログは書くけど。

作業効率化ツールとか自分の役に立つものつくる

今作ってるアプリのロゴ(予定)

というわけで今後は空いた時間は自分の自分の役に立つものを作っていこうかなと思います。

そうすれば自分の役にも立つし、それをブログで紹介すればブランディングにもなるしね。天才。

というわけで少しだけやる気が出たのでまた頑張ろうと思います。

ありがとうございました!