参考書レビュー「WordPress 仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書」

初めて買ったWordPressの参考書ですが内容が最高of最高だったので記事にしました。

これからWordPressのテーマ作成を始めたい方はめちゃめちゃおすすめです!

WordPress 仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書

f:id:atomu_330:20191030004826j:plain

 こんな人にオススメ!!

・これからWordPressのテンプレートを自分で作れるようになりたい人

・WordPressを使い方がある程度わかる人(自分でWordPressを使ってブログ等を運営していた人)

こんな人にはオススメできないかも。。。

・WordPressを使ったことが全くない人

・HTML・CSSが全くわからない人

WordPress開発の良書です!!

この本は初めて購入したWordPress開発の参考書で、「使い方を体系的にまとめた参考書」というよりかは「実際に自分の手を動かしてテーマを作成しながらWordPressについての理解を深めていこう」というような参考書になります。

この本の良いところは「実際にテーマを作成することでWordPress特有のお作法などが体系的に学べる」というところです。

WordPressのテーマ開発は簡単なものであればそこまで難しいプログラミングスキルは必要としません。それは難しい処理は全てWordPressが裏でやってくれるからです。

それよりもWordPressのテーマ開発において必要なのは「WordPress特有のお作法を学ぶこと」になります。具体的に例をあげると「どのページを開いた時にどのテンプレートファイルが読み込まれるか」だとか「記事本文を表示する時はどの関数を使う必要があるか」とかそんな感じです。

この本はWordPressで使用されるphpという言語の説明はほとんど行わず、この「WordPress特有のお作法」を初心者でも理解できるよう分かりやすくまとめてくれています。

ですのであまりプログラミングの経験がない人でも十分理解することができますし、逆にプログラミングをある程度理解している人であれば必要な部分だけを効率よく勉強できるのではないかと思います。

完全初心者には向いていないかも。。。

ただこの本はWordPressの説明やHTML・CSSの説明があまりなく、本当にスラスラと進んでしまうため、本当の意味での初心者には少しレベルが高いかなと思います。

僕がこの本を勉強し始めた時は

・WordPressでブログを運営していたので、WordPressが何なのかということは分かる

・HTMLとCSSは何となくわかる。(<a>はリンクを書くやつで、CSSは見た目を編集するやつ。くらいの理解度で一枚のページを全てコーディングしたような経験はない)

・javascriptやphpは全く使ったことがない

というような状態でしたが、難易度的には簡単すぎず難しすぎずでちょうどよいところだったと思います。

「自分も似たような理解度かな」と思う人は迷わず購入してもらって構わないと思います。

まとめ

以上が「WordPress 仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書」のレビューでした。

個人的にはこの参考書でWordPress開発の世界に飛び込んだことはとても良い選択だったと思います。まあ他のWordPressの参考書を読んだことがないので何とも言えませんが。。。

何回も言うようでアレですが、この本を読めば「WordPress特有のお作法」を身に付けることができます。

「WordPress特有のお作法」さえ理解してしまえば、WordPress開発において「何がわからないのかわからない」といった状況は起きにくいと思うので、この一冊を読んだ後はグーグル先生に聞くことでどんどんレベルアップできますし、個人的にはそれが最短のレベルアップの方法かなと思います。

是非興味のある方あ購入してみてください。

以上になります。ありがとうございました!